後からHDR合成(白飛び/黒つぶれ軽減)


白飛び/黒つぶれを補正したい画像を選択し、「変換」を押してください


処理中です
Before
After

エラー:アップロードするファイルサイズは10MG以下にしてください エラー:ファイルが選択されていません
ファイルを選択するか、
ここにドラッグ&ドロップしてください

変換中...
変換中...
変換

サンプル Before

白飛び/黒つぶれ軽減 サンプル Before

サンプル After

白飛び/黒つぶれ軽減 サンプル After
【機能概要】

このページでは、HDR合成というカメラ機能を後から擬似的に再現することで、以下のような写真をある程度修復することができます。

白飛び写真
※ 明るく写りすぎて白くない被写体の色まで白っぽくなり、その輪郭も消えかかってしまった写真

黒つぶれ写真
※ 暗く写りすぎて黒くない被写体の色まで黒っぽくなり、その輪郭がほとんど見えなくなってしまった写真



【HDR合成とは】

同じ構図で明るい写真と暗い写真を同時撮影して合成することで、明るい部分の白飛び(青空が白っぽく写るなど)と暗い部分の黒つぶれ(影になっている部分が輪郭が見えないくらい黒く写ってしまうなど)を防ぐ機能をHDRと呼びます。

暗い室内から明るい窓の外を撮ったり、逆光で撮影する場合など、極端に明るい部分と暗い部分を同時に写そうとした際に、露出の値をいくつに設定しても、明るい部分か暗い部分どちらかが犠牲になってしまうような場合に便利な機能です。

HDRは様々なカメラに搭載されており、iPhoneなどiOSのカメラにも標準搭載されています。
HDRモードで撮影すれば、自分で2枚撮って合成しようとしなくても自動で2枚合成されます。



【このページでできること】

HDR合成は撮影時に有効にする必要があり、通常は撮った後に適用させることはできないのですが、このページではHDRを有効にせずに撮った通常の写真でも、後から擬似的にHDR合成できるようにしています。

シャッターチャンスを逃さないようにとっさに撮った写真をあとで見たら、肉眼では綺麗に見えたのに、写真は白飛びまたは黒つぶれではっきり写っていない部分があった、といった場合にこのページをご活用ください。

消えかかった輪郭線がよく見えるようになり、本来別の色だけれど明るすぎて白くなってしまった、あるいは暗すぎて黒くなってしまった部分の色味もある程度取り戻すことができます。

あくまでも擬似的なHDRなので、元画像の空などが完全に白飛びしていたり、影が完全に黒つぶれしているとその輪郭を復元することはできないのですが、明るい部分が「白飛びしかかっている」、暗い部分が「黒くつぶれかかっている」ような写真においては綺麗に仕上げることができます。

HDR補正の処理をどの程度適用させるかは、詳細設定の「適用量」スライダで調整可能です。

なお、対応しているファイル形式はJPEG、PNG、GIF、BMP(ビットマップ)です。