後からHDR合成(明暗差を和らげる)


HDR合成をしたい画像をアップロードしてください


処理中です
Before
After

エラー:アップロードするファイルサイズは10MG以下にしてください エラー:ファイルが選択されていません
ファイルを選択するか、
ここにドラッグ&ドロップしてください

変換中...
変換中...
変換

サンプル Before

HDR合成 サンプル Before

サンプル After

HDR合成 サンプル After
このページでは、カメラ搭載のHDR機能を使わずに撮った写真を、あとから擬似的にHDR合成することができます。
逆光などで写真のコントラストが強くなりすぎ、明るいところも暗いところも輪郭が消えかかってしまった写真の補正に便利です。

HDR写真とは、明るいところの白飛び(青空が白っぽく写るなど)や暗いところの黒つぶれ(影になっている部分が輪郭が見えないくらい黒く写ってしまうなど)を防ぐために、同じショットを明るいバージョン、暗いバージョンで同時撮影して、
その2枚を合成することで白飛びや黒つぶれを防ぐ技術です。
逆光などの、非常に明るい部分と非常に暗い部分が混在する写真を撮るときに重宝される撮影モードです。
iPhoneなどiOSのカメラにも標準搭載されていて、HDRモードで撮影すれば、自分で2枚撮って合成しようとしなくても自動で2枚合成されます。

このようなHDR合成機能ですが、シャッターチャンスを逃さないように咄嗟に撮った写真などを後から見てみたときに、
「この写真はHDRモードで撮っておけばよかった」となることもあると思います。
HDR合成は、通常は撮った後に適用させることはできないのですが、このページでは撮影後の写真でも擬似的にHDR合成できるようにしています。

あくまでも擬似的なHDRなので、元画像の空などが完全に白飛びしていたり、影が完全に黒つぶれしているとその輪郭を復元することはできないのですが、
明るい部分が「白飛びしかかっている」、暗い部分が「黒くつぶれかかっている」ような写真においては綺麗に仕上げることができます。

対応しているファイル形式はJPEG、PNG、GIF、BMP(ビットマップ)です。