写真を水彩画風にする


人物や風景などの写真を選び、変換を押してください


処理中です
Before
After

エラー:アップロードするファイルサイズは10MG以下にしてください エラー:ファイルが選択されていません
ファイルを選択するか、
ここにドラッグ&ドロップしてください

変換中...
変換中...
変換

サンプル Before

水彩画風 サンプル Before

サンプル After

水彩画風 サンプル After

水彩画風 変換 元画像
元画像



水彩画風 変換 初期設定
デフォルト設定



水彩画風 変換 ハイライトあり
基調色・ハイライトあり



水彩画風 変換 フチを塗り残さない
基調色・フチなし


【機能概要】

このページでは、アップロードした風景や人物などの写真を、水彩画風に変換することができます。

一発変換もできますが、お好みで色合いやフレームの有無などの詳細を設定することもできます。

ファイル形式は拡張子がJPEG、PNG、GIFに対応しています。



【配色について】




水彩画風 変換例
元画像



水彩画風 変換例
基調色



水彩画風 変換例
基調色



水彩画風 変換例
基調色



水彩画風 変換例
基調色



水彩画風 変換例
基調色





水彩画風 変換例
元画像



水彩画風 変換例
基調色 x 虹色



水彩画風 変換例
基調色 x 虹色



水彩画風 変換例
基調色 x 虹色



水彩画風 変換例
基調色 x 虹色



水彩画風 変換例
基調色 x 虹色




「基調色」

基調色=ベースカラー(全体の多くを占める色)を指定することができます。
元画像の色合いに加え、基調色として指定された色の光を当てたような色合いに仕上がります。
カラーパレットにプリセットされた色から選ぶのがおすすめです。
特に人物が写っている場合は、デフォルト設定の色が無難に仕上がります。
微調整する場合は、基調色を明るくすると柔らかい雰囲気に、暗くするとコントラストが上がりくっきりした印象になります。


「虹色の光」

「虹色の光を当てる」のチェックボックスにチェックを入れることで、上記の色合いに加えさらに虹色の光を当てたようなカラフルな仕上がりになります。
人の肌の色が変わってしまうため、人が写っている写真には向きませんが、風景写真を夢のある、ファンタジックな風合いに仕上げる効果があります。




【ハイライトを入れる】

「ハイライトを入れる」にチェックを入れると、輪郭線が白っぽくなり、明るい部分が発光したような風合いになります。
透明水彩で塗り終えた後、仕上げにエアブラシや不透明水彩でハイライトを入れたようなテイストになります。
空を舞う雪や、夜景や星空など、光っている被写体を綺麗に見せ、輝きを強調するのに向く設定です。




【フチを塗り残す】

「フチを塗り残す」チェックボックスにチェックが入っていると、画用紙の端っこまで色をのせず、わざと塗り残したような仕上がりになります。
水彩画らしさが強調され、ポートレート写真などに適用するとスタイリッシュな印象になります。
フチを塗り残す設定にする場合、構図が少し切り取られるため、やや広めに写っている写真を使うのがおすすめです。